リニューアルオープンした二郎系超人気店!大行列ができるのは伊達じゃない!【男気らーめんアカギ (桐生市・境野町)】

【男気らーめん アカギとは】

最近、Twitterのラーメン愛好家界隈を賑わしているこちらのお店。

『男気らーめん アカギ』さん。

直近で、リニューアルオープンを果たした。

 

①とにかく大人気らしい。②二郎系。

この2つの前情報だけで、訪れる動機としては十分だった。

 

f:id:gumma_umaimono:20201017101025j:image

とある金曜日の8時ごろに駐車場へピットイン。

前橋からは、4〜50分ほどかかった。

 

店の周りは、割と閑静な住宅街ということもあり8時に着くと、1時間くらい並べばラーメンに有り付けると考えていた。

 

この考えが非常に甘かったことには後ほど気付かされる。

 

駐車場に着くと、店員さんが案内してくれる。

人気すぎて、駐車場があっという間に満車になるのだ。

そのため、常に誘導員の方が居るという非常に珍しい状態。

第二駐車場まで、ぎっしり満車なのに次から次へと駐車場に車が入ってくる。

そのため、空いていなければ一度駐車場から出てまた一周して駐車場へ入って来なければいけない。。。

 

運良く、駐車場が空きやっとのことで行列へ連結。

(ちなみに、同乗者が先に列に並ぶ(通称、代表者待ち)はトラブル回避のために禁止されている。)

 

ここから、怒涛の待ち時間が始まった。

行列は、男性客がほとんど。(ざっと9割ほどが男性客だった。)

8時に連結して、着席したのはなんと、22時30分。笑

2時間半。今だったらディズニーシーのトイストーリーマニアでもそんなに並ばない。

それだけ、支持されているということで期待は高まる。

 

 

f:id:gumma_umaimono:20201017100952j:image

店内へ入店。

注文は食券制。

メニューは大きく分けると

  • 汁あり
  • 汁なし

の2種類になる。

サイズも大・中・小から選ぶことができる。

が、悪い事は言わない。

初めてならとりあえず小を頼むべき。笑

平均的一般成人男性と自負している自分は、中サイズを頼んだがギリギリの闘いを強いられた。

 

f:id:gumma_umaimono:20201017101022j:image

トッピングはこのようにコールする。

こちらのお店は普通だとニンニク無しになるようなので注意が必要。

かなりの行列なので、スマホや長時間の食事は控えるようにしましょう。


f:id:gumma_umaimono:20201017101001j:image

卓上の味変グッズはこちらのラインナップ。

一味唐辛子、ラーメンタレ、酢、ブラックペッパーだ。

コールに「カラサ」がないため、自分の匙加減で適宜、ラーメンタレを追加するようにしよう。

 

【料理】
f:id:gumma_umaimono:20201017101018j:image

ラーメン中(300g)@880円+味玉@100円

今回は、寒い外で2時間ほど待ち身体が冷えてたこともあり、汁ありのラーメンをチョイスした。

コールはニンニク増し。

存在感のある大きいチャーシューと、クタクタに煮込まれたもやしとキャベツのヤサイが真ん中に鎮座。

ニンニクは刻まれたタイプで鮮烈な刺激を添える。

右の煮卵はトッピングのもので、中は半熟で完成度高し。

 

f:id:gumma_umaimono:20201017101009j:image

驚くべきはチャーシューの分厚さ

本当にボリュームが凄く、これだけでもお腹に結構溜まる笑

肉肉しさMAXで、一度これを食べたら薄いチャーシューが物足りなくなるのは間違いない。


f:id:gumma_umaimono:20201017101005j:image

麺は、やや硬めで小麦の風味はしっかり感じる絶妙な茹で加減。

モチモチの弾力で口の中で頬張った際の存在感が強い。


f:id:gumma_umaimono:20201017100956j:image

スープは、醤油ベースで豚の旨味が染み渡る。

脂がやや多めのスープなので、個人的にはコールで脂を増す必要はないのではないかと思う。

 

【まとめ】

リニューアルオープンして勢いが更に増した男気らーめんアカギさん。

大行列必至なので、オープン前に早め到着をおすすめする。

腹ペコ状態で、がつがつ食べたい。そんな一杯だった。

【基本情報】